原田一貴, Ph. D


PUBLICATIONS

原著論文
査読あり
  1. Harada K*, Chihara T*, Hayasaka Y*, Mita M, Takizawa M, Ishida K, Arai M, Tsuno S, Matsumoto M, Ishihara T, Ueda H, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Green fluorescent protein-based lactate and pyruvate indicators suitable for biochemical assays and live cell imaging.
    Sci Rep 10, 19562, 2020. *Equal contribution
  2. Nakamura T*, Harada K*, Kamiya T*, Takizawa M, Küppers J, Nakajima K, Gütschow M, Kitaguchi T, Ohta K, Kato T, Tsuboi T.
    Glutamine-induced signaling pathways via amino acid receptors in enteroendocrine L cell line.
    J Mol Endocrinol 64(3), 133-143, 2020. *Equal contribution
  3. Suo S, Harada K, Matsuda S, Kyo K, Wang M, Maruyama K, Awaji T, Tsuboi T.
    Sexually dimorphic regulation of behavioral states by dopamine in Caenorhabditis elegans.
    J Neurosci 39(24), 4668-4683, 2019.
  4. Mita M, Ito M, Harada K, Sugawara I, Ueda H, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    Green fluoresecent protein-based glucose indicators report glucose dynamics in living cells.
    Anal Chem 91(7), 4821-4830, 2019.
  5. Arai S, Rokus K, Harada K, Looi LS, Matsuda S, Wongso D, Suo S, Ishiura S, Tseng YH, Raghunath M, Ito T, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    RGB‐color intensiometric indicators visualize spatiotemporal dynamics of ATP in single cells.
    Angew Chem Int Ed 57, 10873-10878, 2018.
  6. Takizawa M, Harada K, Nakamura K, Tsuboi T.
    Transient receptor potential ankyrin 1 channels are involved in spontaneous peptide hormone release from astrocytes.
    Biochem Biophys Res Commun 501(4), 988-995, 2018.
  7. Harada K, Sada S, Sakaguchi H, Takizawa M, Ishida R, Tsuboi T.
    Bacterial metabolite S-equol modulates glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cell line GLUTag cells via actin polymerization.
    Biochem Biophys Res Commun 501(4), 1009-1015, 2018.
  8. Harada K, Sakaguchi H, Sada S, Ishida R, Hayasaka Y, Tsuboi T.
    Bitter tastant quinine modulates glucagon-like peptide-1 exocytosis from clonal GLUTag enteroendocrine L cells via actin reorganization.
    Biochem Biophys Res Commun 500(3), 723-730, 2018.
  9. Harada K*, Ito M*, Wang X, Tanaka M, Wongso D, Konno A, Hirai H, Hirase H, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    Red fluorescent protein-based cAMP indicator applicable to optogenetics and in vivo imaging.
    Sci Rep 7(1), 7351, 2017. *Equal contribution
  10. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Aung KH, Nakamura K, Ohta K, Tsuboi T.
    Lysophosphatidylinositol-induced activation of the cation channel TRPV2 triggers glucagon-like peptide-1 secretion in enteroendocrine L cells.
    J Biol Chem 292(26), 10855-10864, 2017.
  11. Matsuda S*, Harada K*, Ito M, Takizawa M, Wongso D, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    Generation of a cGMP indicator with an expanded dynamic range by optimization of amino acid linkers between a fluorescent protein and PDE5alpha.
    ACS Sens 2(1), 46-51, 2017. *Equal contribution
  12. Oya M, Kitaguchi T, Harada K, Numano R, Sato T, Kojima M, Tsuboi T.
    Low glucose-induced ghrelin secretion is mediated by ATP-sensitive potassium channel.
    J Endocrinol 226(1), 25-34, 2015.
  13. Harada K, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Integrative function of adrenaline receptors for glucagon-like peptide-1 exocytosis in enteroendocrine L cell line GLUTag.
    Biochem Biophys Res Commun 460(4), 1053-1058, 2015.
査読なし
  1. Harada K, Sakaguchi H, Sada S, Tsuboi T.
    Bitter tastant and bacterial metabolite modulate glucagon-like peptide-1 secretion.
    J Physiol Sci 69(S1), Proceedings of the 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress in conjunction with the 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S179(1P-492), 2019.
  2. 原田一貴.
    探究学習の現場からサイエンスコミュニケーターに期待すること.
    サイエンスコミュニケーション 8(2), 24-25, 2018.
  3. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Aung KH, Nakamura K, Ohta K, Tsuboi T.
    Molecular mechanism of lysophospholipid-induced glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    J Physiol Sci 68(S1), Proceedings of the 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S92(3O-07AM-1), 2018.
  4. Harada K, Ito M, Wang X, Tanaka M, Wongso D, Konno A, Hirai H, Hirase H, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    A red fluorescent protein-based cAMP indicator for dual color imaging, optogenetic manipulations and in vivo imaging.
    J Physiol Sci 67(S1), Proceedings of the 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S142(2P-163), 2017.
  5. Harada K, Kitaguchi T, Oya M, Numano R, Sato T, Kojima M, Tsuboi T.
    Molecular mechanisms underlying low glucose-induced ghrelin secretion from MGN 3-1 cells.
    J Physiol Sci 66(S1), Proceedings of the 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S73(S40-1), 2016.
  6. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Tsuboi T.
    Lysophosphatidylinositol triggers intracellular Ca2+ mobilization through GPR55 and TRPV2 in GLUTag cells.
    J Physiol Sci 66(S1), Proceedings of the 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S85(AC-58), 2016.
  7. Harada K, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Adrenaline modulates glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    J Physiol Sci 65(S1), Proceedings of the 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, S229(P2-336), 2015.
総説論文
査読あり
  1. 原田一貴, 坪井貴司.
    インクレチン分泌制御の分子メカニズム.
    実験医学増刊 35(2), 245-250, 2017.
  2. Harada K, Kamiya T, Tsuboi T.
    Gliotransmitter release from astrocytes: functional, developmental and pathological implications in the brain.
    Front Neurosci 9, 499, 2016.
査読なし
  1. 原田一貴, 伊藤幹, 中村匠, 神谷泰智, 坪井貴司.
    生細胞イメージングによる小腸内分泌L細胞からのグルカゴン様ペプチド-1分泌制御機構の解明.
    比較内分泌学 46(171), 101-107, 2020.
  2. 原田一貴, 坪井貴司.
    腸内環境物質による小腸内分泌細胞の分泌機能制御.
    Medical Science Digest 45(12), 740-741, 2019.
  3. 坪井貴司, 原田一貴.
    腸内環境感受による消化管ホルモン分泌調節機構.
    味と匂学会誌 45(12)別冊, 83-88, 2019.
国際学会・シンポジウム発表
  1. Harada K, Sakaguchi H, Sada S, Tsuboi T.
    Bitter tastant quinine and bacterial metabolite S-equol modulate glucagon-like peptide-1 secretion.
    第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会(FAOPS2019)、1P-492、2019年3月29日、神戸国際会議場・展示場、ポスター
  2. Harada K, Ito M, Hirase H, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    Development of a genetically-encoded red cAMP indicator for dual-color imaging and optogenetics in living cells.
    第10回光操作研究会・第2回脳情報動態合同国際シンポジウム、P03、2018年7月5日、東京大学鉄門記念講堂、ポスター
国内学会・シンポジウム発表
  1. Harada K, Nakamura T, Kamiya T, Takizawa M, Nakajima K, Kitaguchi T, Kato T, Tsuboi T.
    Mechanism of L-glutamine-induced glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells via amino acide receptors.
    第42回日本分子生物学会年会、1P-0273、2019年12月3日、マリンメッセ福岡、ポスター
  2. 原田一貴, 阪口秀和, 佐田尚子, 坪井貴司
    小腸内分泌L細胞に対する苦味物質および腸内細菌代謝産物の消化管ホルモン分泌への影響
    第248回生理学東京談話会、2018年12月15日、埼玉大学総合研究棟、口頭
  3. Harada K, Ito M, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    Pink Flamindo: a red fluorescent indicator for intracellular cAMP observations.
    2018年度日本生化学会関東支部例会、OL-1・P-18、2018年6月23日、埼玉大学理工学研究科総合研究棟、口頭・ポスター
  4. Harada K, Tsuboi T.
    Role of arginine vasopressin in glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    第18回東京大学生命科学シンポジウム、145、2018年6月9日、東京大学駒場キャンパス21 KOMCEE、ポスター
  5. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Aung KH, Nakamura K, Ohta K, Tsuboi T.
    Molecular mechanism of lysophospholipid-induced glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    第95回日本生理学会大会、3O-07AM-1、2018年3月30日、サンポートホール高松、口頭
  6. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Aung KH, Nakamura K, Ohta K, Tsuboi T.
    Lysophosphatidylinositol triggers secretion of glucagon-like peptide-1 from enteroendocrine L cells.
    第40回日本分子生物学会年会、2AT12-02・2P-0395、2017年12月7日、神戸ポートアイランド、口頭・ポスター
  7. 原田一貴, 北口哲也, 神谷泰智, チョー テッ アウン, 中村和昭, 太田邦史, 坪井貴司
    リゾリン脂質に対する小腸内分泌L細胞の分泌応答機構
    第247回生理学東京談話会、2017年10月21日、東京医科大学新宿キャンパス第一看護学科棟、口頭
  8. Harada K, Ito M, Wang X, Tanaka M, Wongso D, Hirase H, Tsuboi T, Kitaguchi T.
    新規cAMP可視化赤色蛍光タンパク質の開発と応用
    第94回日本生理学会大会、2P-163、2017年3月29日、アクトシティ浜松、ポスター
  9. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Ohta K, Tsuboi T.
    リゾリン脂質によるグルカゴン様ペプチド-1分泌制御機構
    第39回日本分子生物学会年会、2P-432、2016年12月1日、パシフィコ横浜、ポスター
  10. Harada K, Tsuboi T.
    Glucose-induced ghrelin secretion from gut X/A-like cells is mediated by ATP-sensitive potassium channels.
    第16回東京大学生命科学シンポジウム、137、2016年4月23日、東京大学駒場キャンパス21 KOMCEE、ポスター
  11. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Tsuboi T.
    Lysophosphatidylinositol triggers intracellular Ca2+ mobilization through GPR55 and TRPV2 in GLUTag cells.
    第93回日本生理学会大会、AC-58、2016年3月22日、札幌コンベンションセンター、ポスター
  12. Harada K, Kitaguchi T, Oya M, Numano R, Sato T, Kojima M, Tsuboi T.
    Molecular mechanisms underlying low glucose-induced ghrelin secretion from MGN 3-1 cells.
    第93回日本生理学会大会、S40-1、2016年3月23日、札幌コンベンションセンター、口頭
  13. Harada K, Kitaguchi T, Kamiya T, Tsuboi T.
    Lysophosphatidylinositol triggers the intracellular calcium elevation in the glucagon-like peptide-1 secreting GLUTag cell line.
    第15回東京大学生命科学シンポジウム、1P-130、2015年6月27日、東京大学本郷キャンパス武田先端知ビル、ポスター
  14. Harada K, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Adrenaline modulates glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    第92回日本生理学会大会、P2-336、2015年3月22日、神戸国際会議場・展示場、ポスター
  15. Harada K, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Effect of adrenaline on glucagon-like peptide-1 secretion from enteroendocrine L cells.
    第37回日本分子生物学会年会、1LBA-51、2014年11月25日、パシフィコ横浜、ポスター
招待講演
  1. 原田一貴
    研究者は何をしているのか?
    ミライデア フォーラム 2018、2018年10月8日、東京国際交流館プラザ平成
  2. 原田一貴
    蛍光イメージング手法を用いた細胞機能の解明
    日本動物行動関連学会・研究会合同大会 行動2017 行動神経内分泌研究会若手シンポジウム、2017年9月1日、東京大学駒場キャンパス21 KOMCEE
競争的資金獲得実績
  1. 公益財団法人上原記念生命科学財団 研究奨励金
    蛍光タンパク質センサーを用いた神経代謝活動の解析
    2020年4月~2021年3月
  2. 公益財団法人光科学技術研究振興財団 研究助成
    蛍光タンパク質センサーを用いた神経代謝活動の病態解明
    2020年1月~2020年12月
  3. 公益財団法人ロッテ財団 奨励研究助成(B)
    グルタミンによる小腸内分泌L細胞からのグルカゴン様ペプチド-1分泌促進機構の解明
    2020年4月~2021年3月
  4. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    超小型内視顕微鏡を用いたバソプレシン受容体遺伝子欠損による神経疾患発症機構の解明
    2019年10月~2021年3月
  5. 公益財団法人興和生命科学振興財団 興和生命科学振興財団研究助成
    蛍光タンパク質センサーを用いた神経代謝活動の観察
    2020年1月~2020年12月
  6. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    バソプレシンによる小腸内分泌L細胞からのグルカゴン様ペプチド-1の分泌調節機構の解析
    2016年4月~2019年3月
書籍、雑誌などメディアへの掲載
  1. 『最前線の生命科学者23人が教える いのちを科学する仕事』(インタビュー掲載)
     朝日新聞出版、2020年
  2. 「挑戦する人 生物部コーチとして生徒の発想を伸ばす!」(インタビュー掲載)
     実験医学 38(6), 2020.
  3. 「躍進する生物部の裏にいる、博士コーチという存在」
     教育応援33, 7. ウェブ掲載記事はこちら
受賞歴など
  1. 2018年度東京大学教養学部 一高記念賞 2019年3月25日
  2. 平成30年度東京大学総長賞(課外活動) 2019年3月20日
  3. 第7回日本サイエンスコミュニケーション協会年会 ベストプレゼン賞 2018年12月9日
  4. 第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞 2016年12月1日
  5. 第93回日本生理学会大会 学生ポスター賞 2016年3月22日
  6. 2015年度東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学奨励賞 2016年3月24日
  7. 第15回東京大学生命科学シンポジウム 優秀ポスター賞 2015年6月27日
  8. 2013年度東京大学 教養学部副代表 2014年3月25日