トピックス

宿主の社会的行動を制御する腸内細菌

 多くの動物は1匹だけでは生きることが困難であるため、群れで行動します。そして、交配・育児・縄張り争いなどの様々な社会行動により、動物は社会を形成します。しかし今回、カルフォルニア工科大学の研究チームは、「腸内細菌がマウスの社会行動を制御している可能性がある」と発表しました。

ケージの中のマウスを観察すると、様々な行動を見ることができます。複数匹のマウスが同じケージにいるとき、お互いの匂いを嗅ぎあったり、追いかけまわしたりする行動は一般的に社会行動に分類されます。一方、お互い興味を示さない毛づくろいのような行動は非社会行動に分類されます。

筆者らは通常マウスと、腸内細菌なし(無菌マウス)マウスで、ケージ内での行動を記録し、社会行動を行った時間を解析しました。その結果、無菌マウスでは社会行動にかける時間が有意に減少しました。また、この時の血中コルチコステロン(ストレスホルモンの一種)濃度を比較すると、無菌マウスでは通常マウスと比較してコルチコステロン濃度が上昇していることが分かりました。つまり、腸内細菌の存在が、血中コルチコステロン濃度上昇を抑制し、マウスの社会行動を促進している可能性が示唆されました。

そこで筆者らは、血中コルチコステロン濃度や社会行動を変化させている腸内細菌の同定を行いました。その結果、無菌マウスにEnterococcus属の腸内細菌を移植すると、血中コルチコステロン濃度の上昇が抑制され、社会行動にかける時間が長くなりました。

以上の結果から、筆者らはEnterococcus属の腸内細菌がマウスの社会行動を制御する可能性を示唆しました。しかし、Enterococcus属の腸内細菌がどのようなメカニズムで血中コルチコステロン濃度や社会行動に影響を与えているかはいまだ不明であり、さらなる検討が進められています。

紹介論文: Microbiota regulate social behaviour via stress response neurons in the brain. Wu et al., Nature 595, 409-414, 2021



▲TOPへ戻る