トピックス

ストレスへの感受性を決める分子

 同じ環境・ストレス下で生活していても、うつなどの神経疾患を発症する人としない人がいます。これは、ストレスへの感受性に個体差があるためだと推測されていますが、その違いがどのようにして生じるのか、明らかになっていませんでした。富山大学などの研究チームは、ストレスへの感受性に、背側線条体という脳部位でのBDNF(脳由来成長因子)と、Shati/Nat8lという分子が重要であることを発見しました。

これまで、ストレスによってうつを発症したマウスでは、脳内のBDNF濃度が下がり、多くの脳部位で萎縮がみられることが知られていました。しかし今回の研究で、線条体では逆に、BDNF濃度が上昇していることが分かりました。また、ストレスを受けた個体の線条体特異的に、Shati/Nat8lという分子が増えていました。精神疾患関連分子として同定されているこの分子の作用の多くはまだ不明ですが、線条体においては、BDNFの発現を制御することで、ストレスに応答したBDNFの濃度上昇を引き起こしている可能性が示唆されました。そして、線条体におけるShati/Nat8lまたはBDNFによるシグナル経路を阻害することで、ストレスへの感受性が下がり、うつを発症する可能性が下がることが明らかになりました。

現在のうつ治療の標的となっている、セロトニンなどの分子とその受容体は全身に存在しているため、治療薬によって脳以外の組織で副作用が見られることがあります。Shati/Nat8lは、発現異常が生じている線条体で特異的な効果が期待でき、新たな治療標的になる可能性があります。Shati/Nat8lの効果をどのような薬剤で抑制できるのか、線条体でBDNFが増えることが具体的にどのような生理作用を引き起こしているのか、Shati/Nat8lは線条体以外ではどのような作用をもつ分子なのか、今後の研究が待たれます。

紹介論文: Striatal Shati/Nat8l–BDNF pathways determine the sensitivity to social defeat stress in mice through epigenetic regulation. Miyanishi et al., Neuropsychopharmacology 2021



▲TOPへ戻る